イベント会場で人気の冊子印刷とは

イベント会場で無料配布されるパンフレットのうちで、受け取った人が自宅までパンフレットを持ち帰ってくれるのか、あるいはイベント会場のゴミ箱に廃棄して帰ってしまうのか、という問題は、イベント企画スタッフならば何度か直面した事のある問題ではないでしょうか。結論から言うと、無料配布されたパンフレットであっても、受け取った人の反応は多種多様だという事です。反応は多種多様だとしても、無料配布パンフレットを受け取った後の行動は、大きく分けると二種類になるのです。すなわち持ち帰るか廃棄するか、なのです。結論から言うと、持ち帰ってくれる無料パンフレットには特徴があります。表紙の持ち味を最大限に活かしきっている、ということなのです。特にイラストの表紙の場合には、企業パンフレットや、自分とは関係のない分野の内容のパンフレットだとしても、表紙が気に入られると、持ち帰ってもらえる確率が高まるのです。美しいイラスト表紙の小説がベストセラーになるのと似ているとも言えますし、音楽CDやレコードのジャケット買いにも通じるものです。できるだけ多くの人に無料配布パンフレットを自宅に持ち帰って欲しい、と真剣に考えているのであれば、表紙イラストの魅力を最大限に活かせるように何種類もの冊子印刷スタイルの選択肢を提示してくれる印刷会社がオススメです。

セミナー会場で役立つ冊子印刷を考えるのなら

セミナー会場で配布される資料類は、セミナー終了後には、各自が適切に保管管理しないと、あっというまに行方不明になったり、紛失してしまったという結果になりやすいものです。セミナーを継続的に受講している人は、過去のセミナー資料も大切だと感じる事が、あるのではないでしょうか。セミナー主催者側は、セミナー受講者にリピーターを確保したいと考えている場合には、保管管理しやすいような資料の配布を心掛けるのがオススメです。保管管理しやすいような資料というのは、セミナー受講者にとってだけではなく、セミナー企画者や運営スタッフにとってもメリットになります。過去のセミナーの資料が欲しい、という申し出を受けた事のあるスタッフも少なくないのではないでしょうか。バックナンバーとしての資料は、事務所で保管場所を必要としてしまいますが、ある程度の部数であれば確保しておいても良いと思います。背表紙に厚みと硬さが備わっていると、事務所の棚に陳列しておくだけで発見しやすくなりますし、適度な重厚間があると、セミナー受講者は、まるで本や参考書のように、大切に取り扱ってくれる傾向が高いのです。セミナー会場で配布される資料類は、ページ数が少ないとしても、しっかりと厚みと硬さを背表紙に備えさせて、本棚に陳列させやすいように冊子印刷しておくと、保管管理性が高まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*